• 建材用薬品ラインナップ

    品名 タイプ 外観 用途 特徴
    NSH-1507 水溶性 乳白色液体 ケイカル板
    フレキシブルボード
    サイディングボード
    汎用品
    NSH-1566 生分解性良好
    NSH-1703 オートクレーブ後脱板強化タイプ
    NSH-2105 プレス離型性強化タイプ
    NSH-4524 淡黄色液体 木質ボード プレス離型性強化タイプ
    NSH-712 油用性 淡黄色透明液体 コンクリート 汎用品、生分解性良好
    NSH-822 無色透明液体 離型性強化タイプ
    シリコーンAMC 無色透明液体 粘土瓦 撥水性付与


    製造技術データベースサイト「イプロス」にカタログを掲載しています。ダウンロードはこちらからお願いします。


  • 水系離型剤の作用機構

    1

    ①離型成分が周囲を界面活性剤に囲まれ、水中に安定に分散しています。



    水系離型剤塗布後


    ②製品と型枠の間に均一な塗膜を形成することで、原料と型枠との直接の接触を避け、原料の付着汚れ等を防止します。



    脱型後


    ③離型剤は原料中に吸収されます。吸収された離型剤は製品へ悪影響を及ぼしません。



  • ページのトップへもどる