• 離型剤ラインナップ

    品名 外観 成分 用途
    DEF-791シリーズ 白色エマルジョン 脂肪酸カルシウム コーティングカラー用
    DEF-783シリーズ 白色エマルジョン 脂肪酸カルシウム コーティングカラー用
    DEF-963シリーズ 白色エマルジョン ステアリン酸カルシウム コーティングカラー用
    クリーテックスシリーズ 白色エマルジョン ポリエチレンワックスエマルジョン コーティングカラー用
    DEF-7000シリーズ 淡黄色エマルジョン 脂肪酸系エマルジョン コーティングカラー用
    ニューワックスシリーズ 乳白色エマルジョン 脂肪酸系エマルジョン クリアコート用
  • ページのトップへもどる

  • 離型剤の作用機構

    塗工用離型剤とは塗工層に潤滑性を与えて、塗料の流動性を改良し、カレンダーがけにおける平滑性と白紙光沢の発現を助け、
    ロールダスティング(汚れ)を防止する薬剤のことです。

    離型剤の種類として、不溶性石けん、水溶性石けん、脂肪酸エステル類、ワックスエマルジョン、アミン類が使用されています。
    主流は、ステアリン酸カルシウムで、2~3種類の組み合わせで使用する場合もあります。
    ステアリン酸カルシウムが多用される理由は、
    ① 経済性
    ② 粘度への影響が少ない。
    ③ 融点が高くスーパーカレンダー掛け時のダスティング防止効果が大きい等。


    ステアリン酸カルシウムの作用機構は、
    1. 紙に塗工された時に、ステアリン酸カルシウム(St-Ca)は均一に分散。
    1


    2. 乾燥工程に入り、水分が塗工表面、原紙から蒸発し始め、塗工層に水分の濃度勾配が生じます。
    2


    3. さらに乾燥が進み、塗工層の中間の水分は表面へ移行し始め、それに伴ってSt-Caも表面に集められ始める。St-Caが疎水性である為、バインダーにとらえられにくく水分の少ない層へ移行を可能にしています。

    3


    4. 表面に集まったSt-Caが金属ロールとの接着作用を軽減し、剥離を容易にしています。

    4

  • ページのトップへもどる